アンティークコイン投資

アンティークコインという言葉を聞いて、そのものの価値やコインの希少性など詳しく説明できる方がどの位いらっしゃるでしょうか?今や一兆円市場にまで拡大しているアンティークコイン投資は、日本でも年々需要が高まりつつあるものの、まだまだ馴染みが薄いというのが現状です。そもそも、アンティークコイン投資とはいったい何なのでしょうか?

投資アンティークコイン投資とはアンティークコインを資産として運用することを指し、コインの価値が上昇するまで保有して買収価格と売却価格の差額を利益として得ることです。そもそも、アンティークコインとは歴史的に価値の高い金貨や銀貨といったコインの総称で、一般的に、約100年以上前の紀元前後から中世に渡って発行されたもののことを指します。アンティークコインの種類は現在では20万種類にも登ると言われておりますが、中でも、200~300種類のコインは、デザイン性や希少性、歴史的観点から高く評価され、世界中のファンから支持されています。また、アンティークコインに魅了された収集家は世界的には300万人以上も存在していると推定されており、特に欧米では、どんな小さな町でもコインショップがあり、広く普及していることが伺えます。

日本ではまだ2万人ほどしか収集家が存在しておらず、投資として運用している人が少ないといった状況にはありますが、世界情勢や経済状況に左右されることなく一定の価値を維持することができる上、運用次第では高い利益が得られるアンティークコイン投資は今後更に市場を拡大していくことが予測されます。

Pocket