安く買って高く売る

アンティークコイン投資をする上で重視すべきことは何だと思われますか?それは「安く買って高く売る」ことに尽きます。何故なら、アンティークコインで得られる利益には、売却価格から買収価格を差し引いた差益、いわゆる、値上がり益しかないからです。

投資例えば、株式投資であれば配当金や株式優待、債券なら利回り、投資信託であれば分配金といった、差益以外の利益かあります。しかし、アンティークコインには例示したような、ほかの投資で得られる差益以外の利益が得られません。しかしながら、アンティークコインをはじめとする実物資産は、株などの金融資産とは違い、価格が下がる可能性があったとしても、そのものの価値が下がることはありません。それは、金融市場に激震を与えたリーマンショック時にも実証されていて、他の投資市場が全体的に下落していたのに対し、アンティークコインの価格は右肩上がりに推移しています。

ただ、世界を舞台とした幅広い市場規模を持つアンティークコイン投資は、運用する上である程度の知識や目利きが必要です。また、利益を得るためには相場の動向を把握することも大切です。知識を培いながら、目利きを養うことで、アンティークコイン投資はますます面白くなると言われています。これから次第に市場が拡大することが予測されるアンティークコイン投資は高い差益を出すことを目標に、投資家としての見る目を養うことが大切です。

Pocket

アンティークコインの魅力

アンティークコインの魅力というと、一言では言い尽くせまんが、知る人なら誰もが口にするアンティークコイン特有の魅力って何だかご存知ですか?それは希少性の高さです。

アンティークコインもともと、アンティークコインは国王の即位などの国家行事を記念して発行されることが多いことから、発行枚数が限定されています。その上、同じデザインのコインが発行されることは滅多にないため、希少性が高くなります。この希少性がコインの価値を保証するのです。例えば、アンティークコインを代表するイギリスの5ポンド金貨「ウナとライオン」は発行枚数が400枚と希少性が高く、デザイン性も優れていることから、今や1000万円以上の価値があると言われています。

アンティークコインの魅力はこれだけではあません。アンティークコインと同じような実物資産で、投資資産として運用できるものに、絵画やクラシックカー、切手、ワインなどが挙げられますが、これらはどれも管理やメンテナンスに手間やコストが掛かるという難点があります。その点、アンティークコインはサイズもコンパクトで収納場所に困らず、管理もしやすいという手軽さが特長です。

アンティークコイン投資には運用期間が長期化しやすいという側面があるものの、希少性の高さから一定の価値を維持できるというメリットがあります。このように、アンティークコインはほかの投資資産にはない希少性という性質で多くの収集家を魅了しています。

Pocket

アンティークコイン投資

アンティークコインという言葉を聞いて、そのものの価値やコインの希少性など詳しく説明できる方がどの位いらっしゃるでしょうか?今や一兆円市場にまで拡大しているアンティークコイン投資は、日本でも年々需要が高まりつつあるものの、まだまだ馴染みが薄いというのが現状です。そもそも、アンティークコイン投資とはいったい何なのでしょうか?

投資アンティークコイン投資とはアンティークコインを資産として運用することを指し、コインの価値が上昇するまで保有して買収価格と売却価格の差額を利益として得ることです。そもそも、アンティークコインとは歴史的に価値の高い金貨や銀貨といったコインの総称で、一般的に、約100年以上前の紀元前後から中世に渡って発行されたもののことを指します。アンティークコインの種類は現在では20万種類にも登ると言われておりますが、中でも、200~300種類のコインは、デザイン性や希少性、歴史的観点から高く評価され、世界中のファンから支持されています。また、アンティークコインの収集家は世界的には300万人以上も存在していると推定されており、特に欧米では、どんな小さな町でもコインショップがあり、広く普及していることが伺えます。

日本ではまだ2万人ほどしか収集家が存在しておらず、投資として運用している人が少ないといった状況にはありますが、世界情勢や経済状況に左右されることなく一定の価値を維持することができる上、運用次第では高い利益が得られるアンティークコイン投資は今後更に市場を拡大していくことが予測されます。

Pocket

投資価値のある金貨

歴史的に価値があるとはいえ、金貨や銀貨に投資すると聞くと、自分には縁がないことと腰が引ける方は少なくないでしょう。しかし、アンティークコインと呼ばれる、古くから受け継がれてきた金貨や銀貨は二度と再生産されることがないという商品価値に、数量が限定されて発行されていたということがプラスされ、希少性の高い投資資産だと日本でも収集家が増えてきています。

投資日本ではまだ、アンティークコインを投資として運用するという文化が浸透していませんが、アンティークコインを現物として資産運用するアンティークコイン投資は、世界中で需要が高まってきており、市場も拡大傾向にあります。なお、市場に出ると、常に供給よりも需要が上回ることから価値が高くなりやすい傾向にあるのもアンティークコイン投資ならではです。また、それ以上に、アンティークコイン投資は経済状況や世界情勢の影響を受けにくいという強みもあるのです。

コンパクトなことから収納に便利な上、低予算からでも投資できるため、他の投資資産に比べると初心者でも始めやすいアンティークコイン投資は、日本でこれからますます需要が高まることでしょう。ただ、アンティークコイン投資にはある程度の知識や目利きが必要だと言われています。また、高い利益を得るためには、相場の動向を把握できるようにならなければなりません。このサイトではアンティークコインを少しでも身近に感じて頂けるように、アンティークコイン投資について解説します。

Pocket